【越境受講】02.「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ

【越境受講】02.「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ

¥ 2,000
PARCが50周年を迎える2023年、チェルノブイリはチョルノービリと呼び変えられ、その名とともに福島が並べられる現実がある。原発事故は産業被害であるが、「核」は途方もない時間軸を孕み、化石燃料にも増して人新世の大きな課題である。海から獲れる魚、土の育む米や野菜、そして<いのち>を守る「じゃなかしゃば」はいかに実現できるのか?
福島から考え、一歩を踏み出す場をここに設定する。
※最終回(9/25)のワークショップと交流会は越境受講できません。
選択する
数量
近日公開
カートに入れる