• 10. 鎌田慧・ルポルタージュと文学の現場から

    ●全4回+オプション ●受講料:21,000円~29,000円

  •  ※オプションについては満席になりました。講座のみの受講は引き続き募集中です。

    10.鎌田慧・ルポルタージュと文学の現場から

    10.鎌田慧・ルポルタージュと文学の現場から

    ¥ 21,000 - ¥ 39,000
    現代社会の矛盾と痛苦を、高みからではなく、同じ時代に生きる人間として、切れば血が噴き出るような文章で描き続けてきたルポライター・鎌田慧さんのシリーズ。その著作をご本人とともにひもときながら、日本社会の消された声、声なき声を浮かび上がらせます。
    選択する
    選択する
    数量
    近日公開
  • わたしたちは何を切り捨て、何を忘れながら生きてきたのでしょうか。現代社会の矛盾と痛苦を、高みからではなく、同じ時代に生きる人間として、切れば血が噴き出るような文章で描き続けてきたルポライター・鎌田慧さんのシリーズ。好評につき第2弾の企画。今回は文学、評伝というジャンルにも幅を広げ、ルポルタージュが持つ繊細かつ豊饒な世界を、フィールドワークを交えてたどります。作品の案内人・聴き手を務めるのは、ジャーナリストの永田浩三さん。毎回、鎌田さんの著作をひもときながら、日本社会の消された声、声なき声を浮かび上がらせます。

    ●2024年6月~8月/オプション回 9~10月 ●木曜日19:00~21:00 ●全4回+オプション

    ●定員:30名(オプションは20名限定)

    ●開催形式:対面(千代田区内(予定)ほか)

    受講料●講義(全4回)のみ:21,000円

        ●講義(全4回)+オプション:29,000円 ※オプションは満席になりましたので締め切りました。

    ※初めて自由学校連続講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります

    ※オプションのみの参加はできません

    ※フィールドワークなど、出かける回は現地への交通費・食費・実費などが別途かかります

     

    ●申し込み方法

    上記の「選択する【受講料および入学金】」、「選択する【オプション】」を選択し「申し込む」ボタンを押すと申し込み画面に進みます。 

    ※講座の詳細は、お申し込み・入金まで完了された方に開講日2週間前頃になりましたらご案内いたします

    ※当日参加が前提ですが、後日の録画共有も予定しています。ただし、講師の事情ならびに運営上の都合等によって録画の一部または全部の共有ができない場合もありますことをあらかじめご了承ください。

  • broken image

    ●講師:鎌田 慧(ルポライター)

    1938年青森県生まれ。新聞記者、雑誌編集者を経て、1968年よりフリーのルポライター。著書は150冊を超える。主著に『自動車絶望工場』『六ヶ所村の記録―核燃料サイクル基地の素顔』(毎日出版文化賞受賞)『狭山事件の真実』など。2017年には「朝日新聞」青森版の聞き書き連載をもとに『声なき人々の戦後史』(聞き手:出河雅彦、上下巻、藤原書店)が刊行された。

    ○メッセージ

    PARCの講座は、昔、武藤一羊さん、花崎皋平さん、吉川勇一さんなどが活躍されていた頃、何度か伺ったことがあったのですが、80半ばを過ぎて、また出向くようになるとは、想像外でした。永田浩三