• 越境受講申し込み専用サイト(受講生限定)

  • PARC自由学校2024年度の越境受講申し込み専用ページです。

    PARC会員と2024年度受講生のみ、ご利用いただけます(限定公開)。

     PARC会員、または今年度のPARC自由学校連続講座を受講いただいている方には、同年度の他の連続講座の単発受講をしていただくことのできる「越境受講」のサービスがあります。

     越境受講が可能な講座は下記のとおりです。本ページ内の各講座の商品を選択して、お申し込みください。

    ※講座によって単価は異なります。ご注意ください。

    ※終了した講座についても、今年度中に限り、録画をご視聴いただけます(料金は通常の越境受講と同額。「鎌田慧・ルポルタージュと文学の現場から」は除く)。 

     

    <越境受講が可能な講座一覧> ※詳細は各講座のページをご参照ください。

      01. フィアレス・シティへの道--地域主権と公共の再生をめざして 全8回

      02. 圧倒的な武力・暴力を前に民衆は何を…? 平和のための「紛争」論 全8回

      03. 当事者と/当事者として考えるパレスチナ問題――難問から世界をみる ※ゲスト回(8/7,10/9)のオンライン参加のみ越境可

      05. コモンズとしての食――食べ続けるための思想と実践 全8回

      06. それぞれのアイヌ語を受け継ぐ――知里幸恵の先へ  全11回 ※オンライン参加のみ越境可

      10. 鎌田慧・ルポルタージュと文学の現場から  全4回

     

  • 【越境受講】01.フィアレス・シティへの道―地域主権と公共の再生をめざして2024

    【越境受講】01.フィアレス・シティへの道―地域主権と公共の再生をめざして2024

    ¥ 2,500
    政府や大企業・投資家などがつくるルールの強制に抵抗し、住民の暮らしを守ろうとする自治体「フィアレス・シティ(恐れぬ自治体)」が生まれています。これらはいずれも公共の再生、地域主権、持続可能なまちづくりなどを共通の政策とし、また参加型予算など、直接民主主義的な要素を地方自治に積極的に取り入れるなどの特徴があります。この講座では世界の実践を学びつつ、日本での可能性を考え、運動のネットワークを広げることを目指します。(オンライン)
    ※最終回「ケアを社会のまんなかに」(講師:岸本聡子)は日程調整中です。確定次第ご案内します
    選択する
    数量
    近日公開
    【越境受講】02.平和のための「紛争」論

    【越境受講】02.平和のための「紛争」論

    ¥ 3,500
    戦争・紛争・占領などの中で、圧倒的な武力や暴力が行使される事態が、世界各地で起きています。この講座ではそうした事態を作り出す要因となる社会・経済構造と市民社会の希望と課題について多様な視点から分析し、考えます。(対面・オンライン)
    選択する
    数量
    近日公開
    【越境受講】03.当事者と/当事者として考えるパレスチナ問題

    【越境受講】03.当事者と/当事者として考えるパレスチナ問題

    ¥ 3,500
    この講座では、当事者(ディアスポラ・パレスチナ人ムスリム)のパレスチナ研究者でありながらイスラーム地域研究者として、パレスチナ問題について独自の視点から考えてきた講師と、ゲストらと共に、人類規模の問題としてのパレスチナ問題を考えます。(オンライン ※8/7、10/9のゲスト回のみ)
    選択する
    数量
    近日公開
    【越境受講】05.コモンズとしての食:食べ続けるための思想と実践

    【越境受講】05.コモンズとしての食:食べ続けるための思想と実践

    ¥ 2,500
    身近になった「食料危機」という言葉。誰もが安心して食べ続けることができる社会は、果たして可能か。食をめぐる社会構造を明らかにするとともに、食をみんなで分かち合う=コモンズにする思想と実践からその未来を探ります。(オンライン)
    選択する