• 越境受講申し込み専用サイト

  •  PARC会員、または今年度のPARC自由学校連続講座を受講いただいている方には、同年度の他の連続講座の単発受講をしていただくことのできる「越境受講」のサービスがあります。

     越境受講が可能な講座は下記のとおりです。講座によって単価が異なりますのでご注意ください。

     なお終了した講座についても、今年度中に限り、録画をご視聴いただけます(料金は通常の越境受講と同額)。

     

    <越境受講が可能な講座一覧> ※詳細は各講座のページをご参照ください。

      01. フィアレス・シティへの道--地域主権と公共の再生をめざして

      02. 「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ:福島から新たな一歩を踏み出すために

      03. 学校給食という希望

      04. 新自由主義と闘った知の巨人、宇沢弘文--「人間のための経済学」はどう構想されたのか

      05. 刊行100年『アイヌ神謡集』を通じてアイヌ語と知里幸恵について学ぶ

     

     

    【越境受講】01.フィアレス・シティへの道―地域主権と公共の再生をめざして

    【越境受講】01.フィアレス・シティへの道―地域主権と公共の再生をめざして

    ¥ 2,000
    政府や大企業・投資家などがつくるルールの強制に抵抗し、住民の暮らしを守ろうとする自治体「フィアレス・シティ(恐れぬ自治体)」が生まれています。これらはいずれも公共の再生、地域主権、持続可能なまちづくりなどを共通の政策とし、また参加型予算など、直接民主主義的な要素を地方自治に積極的に取り入れるなどの特徴があります。この講座では世界の実践を学びつつ、日本での可能性を考え、運動のネットワークを広げることを目指します。
    選択する
    数量
    近日公開
  • 【越境受講】02.「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ

    【越境受講】02.「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ

    ¥ 2,000
    PARCが50周年を迎える2023年、チェルノブイリはチョルノービリと呼び変えられ、その名とともに福島が並べられる現実がある。原発事故は産業被害であるが、「核」は途方もない時間軸を孕み、化石燃料にも増して人新世の大きな課題である。海から獲れる魚、土の育む米や野菜、そして<いのち>を守る「じゃなかしゃば」はいかに実現できるのか?
    福島から考え、一歩を踏み出す場をここに設定する。
    ※最終回(9/25)のワークショップと交流会は越境受講できません。
    選択する
    数量
    近日公開
  • 【越境受講】03.学校給食という希望

    【越境受講】03.学校給食という希望

    ¥ 2,500 - ¥ 5,000
    近年、学校給食をめぐる取り組みが全国各地で盛んです。食農教育、地産地消、まちづくり、持続可能な農業の推進など、多様な観点から給食の社会的役割に期待が寄せられています。同時に、子どもの「食への権利」を保障するセーフティネットとしての役割も改めて見直され、給食費の無償化を求める声も各地で高まっています。食と農をつなぐ身近な結び目である給食は、子どもの食と健康を支えるだけではなく、地域の農業を守り、地域を動かす原動力にもなるのです。学校給食の可能性について、日本と海外の事例を踏まえながら考えます。
    ※7月開催の武蔵野市フィールドワークは定員に達しましたのでご参加いただけません。
    選択する
    数量
    近日公開
  • 【越境受講】04.新自由主義と闘った知の巨人、宇沢弘文

    【越境受講】04.新自由主義と闘った知の巨人、宇沢弘文

    ¥ 4,000
    社会経済問題を語る際によく出る、「宇沢さんだったら――」という会話。「使命感の塊の人」「孤高の大経済学者」「ローマ法王が頼りにした社会思想家」。さまざまに評価される宇沢弘文の思想と理論は、今でも現代の社会問題を考えるうえでの最前線といえます。しかし現在の経済社会・経済学は、宇沢が批判した新自由主義=エゴイズム経済が蔓延する一方です。宇沢の思想を学びながら、私たちはそれをどう捉え発展させることが可能なのか、具体的なテーマごとに考えていきます。
    ※越境受講はオンラインのみです(対面参加はできません)
    選択する
    数量
    近日公開
  • 【越境受講】05.『アイヌ神謡集』を通じてアイヌ語と知里幸恵について学ぶ

    【越境受講】05.『アイヌ神謡集』を通じてアイヌ語と知里幸恵について学ぶ

    ¥ 4,500
    本講座では、『アイヌ神謡集』から毎回一話を選び、その一部分をとりあげてアイヌ語で読み解きます。それぞれの物語に表現されたアイヌ「社会」のあり方や物語がもつ意味について考え、議論します。アイヌ語の基礎知識や、アイヌ文化や口承の物語の基礎知識は、一から丁寧に解説をします。同時に、知里幸恵の生涯と人となり、おばの金成マツや弟の知里真志保を通じて見えてくる周囲の伝承者の姿にも着目していきたいと考えています。
    ※越境受講はオンラインのみです(対面参加はできません)
    選択する
    数量
    近日公開