【越境受講】03.学校給食という希望

【越境受講】03.学校給食という希望

¥ 2,500 - ¥ 5,000
近年、学校給食をめぐる取り組みが全国各地で盛んです。食農教育、地産地消、まちづくり、持続可能な農業の推進など、多様な観点から給食の社会的役割に期待が寄せられています。同時に、子どもの「食への権利」を保障するセーフティネットとしての役割も改めて見直され、給食費の無償化を求める声も各地で高まっています。食と農をつなぐ身近な結び目である給食は、子どもの食と健康を支えるだけではなく、地域の農業を守り、地域を動かす原動力にもなるのです。学校給食の可能性について、日本と海外の事例を踏まえながら考えます。
※7月開催の武蔵野市フィールドワークは定員に達しましたのでご参加いただけません。
選択する
数量
近日公開
カートに入れる